時代とともに変わる葬儀のかたち

時代の変化に伴って、葬儀のかたちも変わってきています。参列者は家族や親しかった方だけに限って小規模に行う「家族葬」などは、その一例と言えるでしょう。香典の受付や参列者対応も煩雑で、式次第にも気を遣うことの多い従来型の式とは異なり、「家族葬」は、煩雑なことを省き、近しい人達だけで落ち着いて故人を見送ることができます。また、余計なことを省き費用も低く抑えられることが評価され、選ぶ方が増えているようです。

↑PAGE TOP

Copyright & copy; 葬儀における喪主について All rights reserved