葬儀で喪主を務める時の服装

葬儀というのは、たとえ心づもりをしていた状態であろうとやはり”もしもの時”は突然やってくるもので、いつやってくるかはわかりません。喪主をつとめるともなれば、忙しいうえ様々な責任を感じるでしょう。服装としては手持ちに喪服があればそれで十分です。女性で喪主をする場合、着物が一般的でしたが最近では洋装も認められるようになっています。最低限のマナーとしてネクタイを緩めたり、着崩さないようにしましょう。もし喪服を持っている方もいざ袖を通したらサイズが合わなくなっていたということもあるので、その時は葬儀屋にレンタルすることも可能です。

葬儀における喪主の服装

以前は、喪主や親族は正式礼装(男性の場合洋装ならモーニング、和装なら黒羽二重の染め抜き五つ紋の着物と羽織と袴。女性なら黒のフォーマルドレスやワンピース、和装であれば黒無地に染め抜き五つ紋の着物)を着用するのが基本でしたが、近年では略礼装であるブラックスーツを着て葬儀に臨むのが一般的になっています。男性はブラックスーツ(ダブル、シングルどちらでも)を着用し、ネクタイ、カフス、靴下に靴は黒のものを。光るネクタイピンやベルトのバックルは避けましょう。女性の場合は黒のワンピースやアンサンブルまたはスーツに黒のストッキングを着用し、化粧は控えめに。アクセサリーを付ける場合はパールのネックレスかイヤリングにしましょう。通夜や葬儀は故人の死を悼む場です。肌の露出が大きい服装や、華美な服装は避けましょう。

↑PAGE TOP

Copyright & copy; 葬儀における喪主について All rights reserved