葬儀で行う喪主の挨拶

喪主という立場で葬儀を行わなければならない場合、遺族の代表として様々な場面で対応する必要があります。特に、告別式においては、大勢の参列者の前で挨拶を行わなければならず、代表として故人の生前の御礼が伝わるような、しっかりとした言葉が必要です。葬儀における告別式での挨拶の内容の流れや伝えるべきことについては、ある程度決まっているため、文章自体を考えることはそれほど難しいものではありません。通常、例文を教えてもらえますので、故人の亡くなった際の状況と照らしあいながら、最も合致するものを選ぶことができます。

喪主が挨拶をするときには

葬儀を締めくくる際に行われるのが、喪主による挨拶です。故人を偲んで集まっていただいた参列者に対して、失礼のないものにしなければなりません。まずは、今日という日に足を運んでくださったことへのお礼を述べます。次に、故人に対する生前の厚誼についての感謝を述べます。この前後に、故人のエピソードなども付けると、よいよいものになります。とはいえ、真情を述べるべき場ですので、あまり凝ったものにする必要もないでしょう。避けるべきなのは、同じことを繰り返すような重ね言葉です。不幸を繰り返さないという意味で、葬儀に際しては、できるだけ使わないほうがいいでしょう。

↑PAGE TOP

Copyright & copy; 葬儀における喪主について All rights reserved