葬儀の時の喪主の役割

葬儀の際に喪主は行うべき事があります。葬儀告別式の最後の挨拶では、弔問客に対して故人に変わりお礼を言うとともに、告別式に参列してくれたことに関して感謝の気持ちを述べなければいけません。その際には特定の人に対するエピソードになるのではなく、弔問に訪れた人全てに平等なエピソードになるように配慮する必要があります。次に告別式に訪れた人は死因を知らず、気持ちの整理が付いていない人もいます。告別式に訪れた人には、きちんとした死因を伝え、気持ちの整理が付くように配慮する事も喪主の大切な役割の1つになります。

喪主が弔問客にすべきこと

葬儀の際に喪主は行う事がたくさんあり、その中に弔問客への対応があります。告別式中は遺体が安置されている祭壇に座ったまま弔問客の挨拶を受けます。全ての人に平等に接するために挨拶は短時間ですませる必要があります。葬儀が終わったら告別式に参列してもらった人に対してお礼の意味を込めて食事を振る舞う場合があります。その場で今までお世話になったお礼を伝えるとともに、引き続き助言などをしてもらえるようにお願いします。そのあとで故人の思い出話などをしながら食事を食べたりお酒を飲んだりしてもてなすのも喪主の役割です。

喪主について知りたい情報

新着情報

↑PAGE TOP

Copyright © 葬儀における喪主について All rights reserved